過去から解放された日(インナーチャイルドの癒し)

 

 

クライアントのMさん(女性)のお話です

 

 

なんだか気持ちが沈むのでヒーリングをして欲しいと

サロンにご来店されました

 

 

 

お話を伺っていくと

子供の頃に母親から 

自分を拒絶される様な言葉を言われたり

自分は捨てられると恐怖を覚える様な行動を

だいぶされてきたそうです

 

 

 

自分の心に従って生きると嫌われる

自分らしさを出すと愛されない

 

 

愛されたい

認めてもらいたい

 

 

 

 

どうしたらいいんだろう・・・

 

 

 

 

自然と彼女は母に好かれる「良い子」を演じる様になったそうです

 

 

 

本当の自分を押し殺し、愛される良い子を演じているうちに

それが「自分軸」となりました

それは

俳優が舞台を降りてからも役柄のまま人生を送る様なものです

 

 

 

長年そうやって生きてきて

演じている自分と本来の自分が不協和音を奏でるのですね

それが蓄積して耐えられなくなり

助けて欲しいと悲鳴をあげるのです

 

 

 

すでにお母様は他界されており

自分そのものを愛して欲しかったと

本心をさらけ出して話すこともかないませんでした

 

 

 

本来の彼女はもちろん消えてなくなったわけではなく

心の底、深い部分に埋れたままになっていました

 

 

 

そして今、外へと出たがっている様に見えました

 

 

 

彼女の悲しい記憶、感情を取り除きながらも

それを彼女自身が受け入れ、許容し

本当は愛されていた自分に気づいてもらうために

ライトヒーリングをさせて頂く事になりました

 

 

 

セッション前のお話中からヒーリングが始まっており

後から後から涙が溢れてきて止まらないご様子・・

 そこから実際の施術に入ります

 

 

 

 

 

 

まずは

「負の感情」を浄化

本来の彼女の輝きを邪魔している

エネルギーはもう不要です

 

 

 

負の感情は何層にもなっており

浄化してもまた次のエネルギーが奥の方から湧き上がって来ます

 

 

 

施術中も涙がこぼれてきます

これも浄化が進んでいる証拠です

 

 

 

20分ほど経ったでしょうか

だいぶ奥の方に滞っていたエネルギーも浄化できた感じがしたので

Mさんに辛かった過去の記憶を思い出してもらいました

 

 

 

施術前は泣かずにはいられないほど胸に刺さる情景、母からの言葉、

それに伴っていた辛すぎる感情が今はほとんど感じられないし

記憶自体がうっすらとしたものになっていて

感情が動かないというお返事^^(良かった!!)

 

 

 

この状態になれば 

浄化、そして書き換え(情報を書き換える事も同時に行いました)

が進んだという事です

 

 

 

今度はチャクラの浄化、調整をいたしました

 

 

 

それぞれのチャクラに溜まっている不要なエネルギーを浄化した後に

愛の波動をパンパンになるまで封入し活性化

 

 

 

特に「愛」に関して重要なハートチャクラへの施術をメインに

行わせていただきました

 

 

 

全てのチャクラの調整が終わり、エネルギーの流れも良くなり

本日は終了^^

 

 

 

施術後はとてもスッキリとされたお顔で

軽い足取りで帰宅

 

 

 

 

 …*…

 

 

 

 

その日の夜、Mさんから連絡がありました

 

 

 

自分が小さかった頃、母が病気の私をおんぶして病院に連れて行ってくれた事

友達にいじめられると必ず母が助けてくれた事など

自分が愛されていた記憶が蘇って来たそうです

 

 

 

今まで、辛かった記憶が蓋をしていて思い出せなかった

「愛」の記憶が浮上して来て

初めて感謝することができ

お線香をあげながらお母さんに「ありがとう」と言えたそうです

 

 

 

 

 

 

更に数日後

 

 

 

今までの自分ならできなかった行動を起こせる様になり

自分らしさを出せる様になったとご報告をくださいました^^

 

 

 

自分が変われば、外の世界(人や状況)が

自然と変わって行ったりする事にも気づいたそうです

Mさん♪ 本当に良かったですね!

 

 

 

そう言えば施術中に

 

 

 

突然私の足元から身体へエネルギーが広がっていき

これは何だろう?と波長を合わせていたら

お母様のイメージが出て来ました

穏やかに微笑み、愛を放射しているエネルギーに私のハートが反応し

涙が出てしまいました

 

 

 

お母様も自分が置かれている環境、状況、の中で

必死に生き、頑張って来たんですよね

愛しているのに、大切なのにそれがうまく伝わらないだけ

 

 

 

愛はあるのに、それを素直に表現できない人も大勢います

そんな言葉本当は言いたくないのにイライラして

ひどい言葉を投げつけてしまう人もいます

 

 

 

誰にだってそんな経験あります

 

 

 

でも、その後がとても大事なのではないでしょうか?

 

 

 

悪いことをしたなと思ったら素直に謝る

自分が感じていること、思っていることを相手に伝える

 

 

 

プライドが邪魔するかもしれせん

プライドを捨てられないのは

弱い自分に向き合うのが恐怖だから

それは自分が真剣に向き合うべきことであって

相手には関係ありません

 

 

 

「言葉に出さなくても態度でわかるだろう」

これもこちらサイドの考え

きちんと気持ちを伝えることの大切さは

私も身にしみて感じています

 

 

 

心と心が繋がり合うためには

愛を伝えるには

 

 

 

行動だけでなく、言葉も使ってくださいね

 

 

 

そのほうがより、潤滑に分かり合えるし

遠回りもなく、誤解もなく

シンプルに愛に生きられるのではないかなと思います