ボヘミアン・ラプソディ 感想と感動

 

 

 

人の機嫌を取るために生きていませんか?

 

 

自分の真実を脇に追いやって生きていませんか??

 

 

 

 

 

 

あまり興味がなかった「ボヘミアン・ラプソディ」

人気がある事は知っていましたし

音楽もなんとなくは知っていましたが

映画館、混んでるだろうしと意識からは外れていました

 

 

 

 

 

そんな時友人に誘われ、たまたま予定が空いていたので

一緒に観に行くことに^^

 

 

 

いやあ、フレディーのパンチの強いこと(笑)

3日間煮込んだビーフシチューに

隠し味の赤味噌を投入後、

ゴルゴンゾーラチーズをかけて焼いたみたいな♪
(ファンの方ごめんなさい^^私なりの好きの表現です!)

 

 

 

 

とにかく思うこと!

 

 

 

 

ご自分に素直な方だなあ〜!!

 

 

 

「我慢をせず、素直に」が今の自分にとっての課題なので

フレディーの生き様は響きましたね〜

 

 

 

 

挑戦をやめない!

同じ場所にとどまらない!

どう思われようと気にしない!

恐れない!

 

メッタメタに打ちのめされてどん底に落ちますが

自分の弱さに目を背けずに向き合うところは

思わず共感し過ぎちゃいまいた^^;

 

 

 

 

やはり人生は

 

 

 

 

「自分をとことん大切にすること」

 

「自分に正直に生きること」

 

 

 

 

それができると

勝手に自分自身を大切にしている人たちが集まってくる

自分とその仲間たちから発するエネルギーは

それに触れる人たちに生きる活力を与えたり

癒しを与えたりするんですね^^

 

 

 

 

クイーンの音楽は

一度でも聞いてみるとわかりますが

もんの凄いパワフルなのに、どこか悲哀があって

「心の叫び」そのものですね

 

 

 

 

映画の題名にもなっている「ボヘミアン ラプソディ」と言う曲は

生に対する激しい葛藤が滲み出ている曲ですね

 

 

 

 

ゲイである事への苦しみや

愛に飢えている闇などを全て吐き出した

フレディーそのものだと感じました

 

そのまま和訳すると訳がわからない歌詞だそうです

以下のブログを書いてらっしゃる方が

分かり易いように上手に超訳してくださっています^^

(勝手に載せちゃってごめんなさい)

https://chielabo.com/lyrics-of-bohemian-rhapsody/

 

 

 

 

45才

エイズでお亡くなりになりましたが

全力で荒々しいまでに生き切ったフレディーマーキュリー

 

 

 

 

映画の最後のライブシーン!

圧巻でした!!!(チャクラが振動してすごかったですよ〜)

ぜひ、映画館でご覧あれ^^