思い込みの『枠』から出るのが能力を伸ばすコツ

 

先日行ったセッションで感じた事を元に

本日のブログを書きます

 

気功やヒーリングなどに関係ない方でも

これを知っておくと良いと思いますよ^^

 

 

その方は

「瞑想が上手に出来ません」と言うお悩みを持つ

クライアントさんでした

 

 

遠隔ヒーリングをご希望でしたので

電話で繋がりながら

まずは私と一緒に瞑想をする事にしました

 

 

私と同調しながら

瞑想体験を深めてみる事で

何かしらの感覚を感じて頂きたかったからです

 

 

 

10分と言う短い間でしたが

終了後

 

 

「如何でしたか?」と聞くと

「うーん、、瞑想は出来てないかも」と

おっしゃいます

 

 

でも、私から視ると

意識はきちんと変性意識に入っていらしたので

 

何を基準に出来ていないと思うのですか?

と聞くと、

 

 

「ビジョンが視えないからです」

と仰いました

 

 

 

そのクライアントさんは

瞑想はビジョンが視えるもので

視えない私は瞑想が出来ていないと

解釈していたのです

 

 

勘のいい方なら

私が何を言いたいのかお分かりになりますよね^^

 

 

【思い込み】や【知識がない】と言うことは

せっかく出来ているかも知れないことを

「無い」事にしてしまう事があるのです

 

 

 

 

私が

それは違うと思いますよ、と

説明すると

頭が混乱したようで

しばらくの間、フリーズしていらっしゃいました^^;

 

 

ご自分が信じていた事が

突然揺らいだので

理解するまでに時間がかかったようです

 

 

 

さらに深く伺っていきました

 

 

いつもの瞑想と何か違うことがなかったですか?

ちょっとした事でもいいので、と言うと

 

 

そういえば・・・
といった感じで

 

「身体が熱かったし、手先がビリビリしていました。

それと気のせいかもしれませんが、

視界の端の方から眩しい光が広がって来ました」

 

 

素晴らしいですね・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

 

クライアントさん^^

ちゃんと経験されているのに

それを「気のせいかもしれない」と

片付けてしまっていたのです

 

 

ビジョンが視えないと瞑想ではない!

 

と思い込んでいたら

ビジョンが視えるまで

瞑想できていない事になってしまいます

 

本当に勿体ないことです!

 

自分が「信じて疑わなかった事」が

違うかもしれないと

頭を柔軟にしておくことは

とても大切なことなんですよ( ´∀`)

 

 

 

そして

少しの変化、体感でも

意識にあげて行く事も非常に重要です

 

 

意識に上がらなかった事は

脳は、何も無かったことにしてしまいます

 

 

私が敢えて聞かなかったら

私との瞑想で体験した事も

「出来なかった、やっぱり

「何もなかった」と言う

結果で終わってしまったことでしょうね

 

 

 

本当に本当に勿体ないことです!!

 

 

敢えて師の元で学びなさいとは言いませんが

先に体験されている方から学ぶ知識や体験は

囚われた自分の見方や意識を壊すのに

とても有効な事なのだと思います

 

 

クライアントさん(^^)

今回の経験によって

思ってもみなかった「光」が

視えてきたのではないでしょうか^^

 

 

 

 

本日もお読みいただきまして

ありがとうございました⭐️